2010年11月30日

【706】地上最悪な企業au2

auのケータイに「お留守番サービス」というのがある。
これで留守録を聞く時は、通話料がかかる。
前のケータイの時はいちいち留守録を聞くのに金を取られていなかったから変だ変だと思っていたら、
買い上げ時に自動的にセットされているのである。

で、やっとそのことに気付いて解除しようとしたら、こっちからいちいち手間暇をかけて解除しなければならず、しかもその説明が例の如く判りにくい。
やっとのことで解除し、無料の「簡易留守メモ」機能をセットし直す。

このことに気付いて「お留守番サービス」の解除設定を自ら行わない限り、ず〜っと金を取られ続ける。
どこまでもどこまでもクソな企業、それがauである。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・店・商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

【705】知ったかぶり

「回帰」という言葉が、マスコミなどを中心に、いかにも知ったかぶりを装うために使われるのは大変気に入らない。
不況で父が早く帰宅するようになった現象を「家庭回帰」と呼んだ者があったし、恐竜ブームを「無垢への回帰」と佐賀新聞は書いている。
頭が良さそうに見られたいという一心である。
(1993・8・3、22歳)
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

【704】執筆

知らなくとも書ける。
「知らないこと」の弊害は、詳しく(より正確に)書けないことだけである。
(1993・8・8、22歳)
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

【703】保守と革新

保守は楽観、革新は悲観。
(1993・8・8、22歳)
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

【702】マスゴミ34

まことに異様な新聞記事がある。
阿久根市長住民投票リコール成立の記事。
12/6付の共同通信配信記事。
1面、政治面、社会面。
“投票”の結果の3面にも渡る「詳報」中に、肝心要の、票数は、どこを探してもない。
あるのは、「市民ら“劇場型”にうんざり」(社会面サブ見出し)等の阿久根市長に対する悪意だけ。

実際の票数はどうだったかというと、賛成票が7543票で、反対票が7145票だった。
僅差ではないか。
それをマスゴミは、市民の圧倒的多数がリコール賛成という情勢であると「報道」してきたし、そしてこうして投票結果の報道も、賛成当然という悪口一辺倒ぶりである。

で、実態は7543対7145。
マスゴミはさぞかしヒヤッとしたことだろう。
もうちょっとで自分達が操作してきたのとは逆の結果が出るところでしたなあ。

そう言えば、報道ってのは中立・不偏不党でなくてはならないんではなかったのでしたっけ。
それをここまでやるとはまあ、マスゴミも、恥も外聞ももう構っちゃおられないのですな。
ご苦労様です。

お前らはいつか、真実の力によって打ち倒されるよ。
お前らが追求すると偽称してきた“真実”の力によってな。


posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

【701】自己責任

炭酸飲料飲み過ぎて太るのも、自己責任。
ピザやポテト食い過ぎて太るのも、自己責任。
ディスカウント店で酒買い過ぎてアルコール依存症になるのも、自己責任。
新卒就職せず中途採用で就職し、正社員になれず年収200万未満なのも、自己責任。
パチンコにハマってギャンブル依存症になるのも、自己責任。

飲料会社にもファーストフード企業にもディスカウントチェーンにも酒造メーカーにも大学就職部にも高校進路指導部にもパチンコ店にもパチンコ機器メーカーにも、責任はございません。

……だってさ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

【700】マックスバリュ

マックスバリュは、侮れない。

惣菜の、例えば鯖の煮付けなどの味付けが、驚くほどしっかりしている。手を抜いていない。

レジ係の丁寧な対応が、とても洗練されていて嫌味がない。
どんな研修を施せばこれほどになるのか知りたいくらいである。

ただ、「お客様の声」で揃えてほしい商品を希望したら「検討します」と答えたくせに結局そのまんま放置、というまるで政治家並みの無責任な態度だけはいただけないが。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・店・商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

【699】強制右左折

片側2車線以上の道路で、追越車線側を走っていると右折のみになったり、走行車線側を走っていると左折のみになったりすることがあり、直進したい場合には事前にそのことを織り込んだ上で、そうでない方の車線を走っていないといけない、ということがある。

しかし、そもそもそんな特殊な車線があることの方がおかしいのだ。
なぜこっちがいちいち各交差点ごとの特殊事情に合わせてやらないといけないのだ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

【698】人生いかに生くべきか

今私は、自分の人生をどう生きるかを熟考しなかった人生を歩んでいる。

人生で最も重要なことは、学生時代に、自分はどのような人生を生きるのかを考え尽くすことである。
というか学生時代はそのためにある。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

【697】舌禍

民主党の連中の失言騒動が続いているが、問題の本質は発言内容そのものにあるのではない。
 
それを言ったらどうなるかという影響の予測すらできない不用意さが、政治家としての資質の欠如を証明しているのである。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

【696】あのコの声

数秒間留守録に入っているあのコの声。

旧いケータイが捨てられない。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

【695】余命

我々は、『余命1ヶ月の花嫁』とか『ランディ・パウシュの「最後の授業」』とかの余命の限られた人のことを、あたかも悲劇の人にしてしまい、自分とはまるで違うものとして捉え、自分とはまるで違うものだと思い込んでいる。

だが本質においては何も違っていないのである。
余命の期間(長さ)は本質ではない。

我々と彼らは完全に同じである。
本当の意味でその視点に立つことができるかどうか。
すべてはそこにかかっている。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

【694】ネットとデリヘル

インターネットは、まるでデリヘルの営業アイテムのためにあるようなものだ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

【693】高知断章

交差点のアルファベット。

GSの海抜表示。

超ノロノロ運転のクルマ。

異様に多いパトカー。

まだ開いてないのに「営業中」と表示しているメシ屋。

玉子焼。

大きめで中が見えない屋台。

チャチかったはりまや橋。

高知よ、また来よう。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

【692】下関JCT

下関JCTの上り線は、中国自動車道と山陽自動車道の分岐である。 
ところが山陽自動車道の方が、上限1000円の休日特別割引が適用されるのかどうかよく分からない。

宇部JCTまでが山陽自動車道で、そこから嘉川までは「山口宇部道路」。
これは広島岩国道路と同じ緑色で(高速道路会社作成の地図)、これまでそこで料金が加算されたことはないから実体験上まあ大丈夫なのだろう。
しかしそこから山口南ICまでは水色の「自動車専用道路」で、高速を1回降りたことになるのかどうか、よく分からない。

3記事連続で高速道路利用の不明な点を取り上げてきたが、高速道路会社は「不正通行はけしからん」と憤慨する前に、自分達がこれだけ分かりにくい、したがって抜け穴を探させやすい制度を作ったんだという自省の念は、一片たりとも持ち合わせぬのらしい。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・店・商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

【691】しまなみ海道

西瀬戸自動車道(しまなみ海道)は、四国側でまだ松山自動車道と連結していない
(最近尾道自動車道とやらが完成したようだが、本州側では山陽自動車道と連結しているのかはよく分からない)。

上限1000円の休日特別割引の適用はどうなるのかと思って「本州四国連絡高速道路料金割引のご案内」を見るとこうある。

「西瀬戸自動車道(しまなみ海道)とNEXCO道路をあわせて利用されるお客様へ
西瀬戸自動車道はNEXCO道路と連続していないため、本州側と四国側のNEXCO道路を乗り継ぐと、NEXCO道路の利用は途切れます。ただし、NEXCOの指定する条件でNEXCO休日特別割引をご利用の場合には連続した1回の利用とみなされます。詳しくはNEXCO西日本のホームページをご覧ください。」

なぜ「NEXCOの指定する条件」をこの案内紙上に掲載しないのか、なぜわざわざホームページを見ないといけないのか、さっぱりわけが解らない。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・店・商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

【690】本州四国連絡高速道路料金割引のご案内

「本州四国連絡高速道路料金割引のご案内」というのがある。
これを見れば本四道路に関する割引については全て解るはずである。

日曜の22時頃に四国を出発して本四道路を通過しそのまま月曜の0時を過ぎて山陽自動車道に入る場合、上限1000円の休日特別割引は高松自動車道と山陽自動車道に継続して一体適用されるのか、それとも別々に適用されるのか(1000円×2)を知りたいのだが、いくら読んでもそれは分からない。

代わりにこんな表記がある。
「NEXCO道路(山陽道または高松道)から連続して本四道路をご利用の際の特例
※この場合、本四道路の出口料金所の通過時刻で割引適用判定を行いますが、割引終了時刻を1時間延長します。」
なぜ割引終了時刻を1時間延長するのか、さっぱりわけが解らないし、適用条件もよく解らない。

誰も指摘してやる者はいないわけだ。
これほど読者の要求を外しておいて恬然として恥じないとは、さすがお役所根性と感嘆せざるを得ない。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・店・商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

【689】6字以上熟語

緊急消防援助隊設備整備費補助金
国際機関職員派遣信託基金
宇宙航空研究開発機構施設整備
治験拠点病院活性化事業費
生活衛生振興助成費等補助金
生活衛生関係営業対策事業費補助金
高齢者医療運営円滑化等補助金……。

何でもいいのだが、上の引用は事業仕分け第3段の対象事業より。

漢字を6字以上くっつけて使うのはお役所の特権のようだ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 権力=体制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

【688】マスゴミと右翼に共通するもの

マスゴミと既成右翼に共通する性質は、権力に阿ることである。

ともにその本質は、権力に取り入ることである。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

【687】マスゴミ33

現在の民主党政権の予算委員会における答弁は、明らかに異常である。
しかるにマスゴミは、その異常さを事件として取り上げない。
マスゴミが取り上げないことは、この世には存在しないことになる。

マスゴミは民主党政権を援護している。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

【686】全国民必見

マスゴミの有害無益な媒介は一切いらない。
評論家や識者の談話もいらない。
己の目で直に見よ。

民主党政権の予算委員会における答弁を。

それで十分だ。
己の目で、直に、民主党政権を判断せよ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

【685】「何度も申し上げておりますように」

菅直人は、予算委員会の答弁でやたらと、

「何度も申し上げておりますように」

と言う。

だが真実は、全く(相手の求めることを)答えてはいないのだ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

【684】マスゴミ32

仙谷官房長官が「自衛隊は暴力装置」と発言した、
問題発言だ問題発言だとマスゴミは騒ぐ。

で、なにゆえに問題なのかは一切スルー。
これぞマスゴミ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

【683】倖田來未の声質

倖田來未の声質に、サザエさんの三河屋のサンペイさんの声と通じるものがあると感じているのは私だけなのだろうか
(これは貶めではない)。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

【682】マスゴミ31

11/6付佐賀新聞の尖閣漁船衝突ビデオ流出に関する記事を全て読んだが、
マスゴミはあることを隠蔽していた。

問題のYouTube上に投稿された動画に関しては、「削除された」としか書いてない。
ただそれだけ。

よほどネット環境から疎遠な人であれば、「もう見れないのか」と思うだろう。

良識をもった国民は、民主党政府の削除攻勢に対して、必死の拡散コピー再アップで対抗している。
結果、YouTube上には今もそれらが溢れかえっている。

そうした国民の動きというのを、マスゴミは一切隠蔽して報じない
(にも関わらず写真は大々的に貼り付け、反政府のポーズはとる。ここが姑息なところ)。

「犯罪行為」を賞賛し、加担する国民がいてもらっては困るわけだ。
これは尖閣抗議デモを一切黙殺した心性に通じる。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

【681】漠たる不安

2010年の秋に私の心中に蟠踞した思いは、来年の、職と住居への漠たる不安だった。
駐車場の不安(未確定)は来年でなく現在進行形である。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

【680】can't or don't

できるのにしないのは、できないのだ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

【679】自衛隊

自衛隊にだけは常に敬意を払わねばならないということになっている。
「自衛隊諸君!」とか言ってな。

でも、そうか?
例えば警察官は腐敗堕落しているよな。
どうして同じ公務員で自衛隊員だけは腐敗堕落していないと言い切れるんだ?

自衛隊幻想ではないのか?
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

【678】ネトウヨよ

俺は今、お前らのことを少しばかり見直している。
今の民主党政権の無様さを見ていると、先見の明を認めないわけにはいかない。
だけど、教えてほしいんだ。

お前らの考えでは、自民党は素晴らしいのか?
民主よりはマシってことなのか?

お前らと自民党工作員の区別がつかないんだよ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

【677】記録と記憶

日記等、綿密な記録をつけるのは労が多い。
果たしてそれだけの価値や利があるのだろうか。
死ぬ時は一瞬であり、その時脳裏を巡るのは記録ではなく記憶であろう。

記録が利なのは、新聞記者等それを生業とする者にとってであろう。

しかしもし記録しなければ完全に記憶から漏れてもいるのは厄介だ。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。