2011年01月29日

毎度お馴染みマスゴミの悪文2

1/27付共同通信配信記事、「一般教書演説/新たな『米国の夢』示す/再選戦略、制約重く」より。

「議場では与党民主党と野党共和党議員らが、慣例を破って隣同士に座り『融和』を演出した。」

はあ。そうすると、これまでは民主党議員と共和党議員が隣同士に座らないように、間に他の党の議員が座ってたわけですね?

隣の「核心評論」にはこうある。

「この日、一般教書演説の会場で、議員らが党派の線引きを超えて、互い違いに座った。」

これは、「核心評論」の方が正しい。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

毎度お馴染みマスゴミの悪文

1/27付、共同通信ワシントン支局長中屋祐司による「核心評論/米大統領一般教書/変革の使命忘れるな」、締めの段落。

「弱者への視線、規律ある財政、核のない平和な世界の追求はもちろんだ。2年前に有権者がオバマ氏を選んだ政策は、今も有効であり、最強の再選戦略でもある。(後略)」

政策がオバマ氏を選んだのだろうか?

「2年前にオバマ氏を選ぶことにつながった政策は」、と言いたいのだろう。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

マスゴミ36

1/21付共同通信配信記事。
「月額21円〜2円の負担増/電力10社 太陽光発電買い取りで

 東京電力など電力10社は20日、家庭などが太陽光で発電した余剰電力を電力会社が買い取る制度に基づき、4月から費用を電気料金に上乗せすると発表した。各社が同日、経済産業省に認可申請をした。上乗せ額は電力会社によって異なり、標準家庭で月額21〜2円の負担増となる。
 営業区域内の太陽光発電の普及度合いにより、買い取り費用の総額が異なるなどの理由から、各社で上乗せ額にばらつきが出た。(略)
 同制度は、1〜12月までに太陽光で発電した余剰電力を、家庭用だと1㌗時あたり原則48円で電力会社が買い取り、翌年度から電気料金に上乗せする仕組み。」

いやいや電力会社、お前が勝手にそんな制度始めたんだろ?
なんでそのとばっちりを顧客が食うんだよ。

この記事のどこを読んでも、値上げのシステムがさっぱり解らない。
いわんや値上げ幅がなぜ地域によって異なるのかなど、もっと解らない。

そしてなぜかたまたま、私の住んでいる九州の値上げ額が最も大きい。それも最低額の、10.5倍。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

マスゴミの典型的記事

1/20付共同通信配信記事。

「KARA、契約解除を要求

 日本でも人気の韓流ガールズグループ『KARA』のメンバー5人のうち、リーダーのパク・ギュリさんを除く4人が、韓国の所属事務所『DSPメディア』に専属契約の解除を申し出たことが19日、分かった。4人の代理人が明らかにした。マネジメント業務の中断も要求している。
 一部の韓国メディアは、グループが解散の危機を迎え、今後の活動にも影響が出ると伝えている。
 KARAは2007年にデビュー。『ミスター』などの曲がヒットし、昨年に日本デビューした。」

……あまりにも文章の根本を逸脱している。
文章の根本とは、事象または主張←根拠、である。
就中新聞記事は特別な事象の生起を伝えるものであり、より一層根拠の比重が増さなければならない。
にも関わらず、この記事にはそれが一切ない。
KARAが契約解除を申し出た。
読者の関心は、「なぜ?」に尽きる。
それが、一切ないのである。
「理由は今のところ明らかになっていない」といった留保すらない。

>一部の韓国メディアは、グループが解散の危機を迎え、今後の活動にも影響が出ると伝えている。

そんなことは自明の理で、子供でも言える。
そんなことすら他者引用で責任転嫁。

>昨年に日本デビューした。

「昨年に]? なんだこの日本語は。

深層心理的に、読者の自然な関心を無視するというのは、マスゴミの立脚点が、読者の利益ではないことの証左である。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

謎の記事

1/14付共同通信配信の、謎の記事。

「フレンドパーク終了/TBS、3月末で

 TBS系のバラエティー番組『関口宏の東京フレンドパークU』が、3月いっぱいで終了することが13日、分かった。
 1994年にスタート。俳優やタレント、スポーツ選手らのゲストが、体力や知力を試すゲームに挑戦する姿が人気を集めた。92年から1年間放送された前身の『フレンドパーク』と合わせ約18年がたっており、TBSは『一定の役割を終えた』としている。」

フレンドパークって、「人気を集めた」のか?
フレンドパークの果たす「一定の役割」って一体なんなんだ?

記事の扱いは公平なんだろ?
だったら18年以上続いたテレビ番組の終了は、これから全部記事にしろよな。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

西川孝純

共同通信特別編集委員の西川孝純がまたやらかした。
1/13付「核心評論/小沢切りに出た菅首相/貫けるか消費税、TPP」。

「理論好きで頭でっかち、風頼みの議員が多かった民主党を鍛えたのは小沢氏だ。その政権交代の立役者をけさ切りするなら深刻な党内亀裂を生じるだろう。通常の起訴に比べ推定無罪がより強く働く今回、議員辞職まで求めるのは妥当かどうか。党の融和を図りながらけじめをつけるには離党が望ましい。」

いや誰もお前の考えなんか知りたくないから、純粋に現象・事実の解説に徹しろよ。
誰が、小沢は議員辞職か離党かについて、お前の「解説」を求めました?
小沢べったりを平然と曝け出す気持悪さ。ジャーナリストとしての批判精神と自覚のなさ。

へえ、推定無罪ってケースによってはたらく強さが違うんだ。知らなかったなあ。独裁者大喜びだね。
検察審査会なんて素人集団だから、どうせ無罪になるって言いたいんだね。

どんだけカネから女から小沢にお世話になったか丸分かりだね。

さらにもう1つ。
「今年はえとで辛卯の年。断固として事を成さなければ辛い目に遭う年だとの説がある。歴史的には天変地異や思いがけない出来事が起こりやすいとされる。」

この「歴史的には」の意味は、全く解らない。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

「手出し」

1/5付佐賀新聞1面「さが再生 序章 少子高齢化の中でC/教室の『いま』/学びの土台づくり苦心も」に、不思議な日本語がある。

2つ目の小題、「散髪代手出し」。
本文、「山城教諭の中学では管理職が手出しして散髪に行かせたり、」。

自腹で、と言いたいのだろうと類推できるが、あいにくとそんな意味はない。

ついでに、教育ネタといえば「今子供たちはどうなっているのか」という紋切り型、いいかげんにやめたら?
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

市場経済システム

以前の私ならば、豊作の際に、農家がコンバインだかトラクターだかで、“とれすぎた”野菜を潰すという光景は、「多少もったいない気もするがまあ仕方がないか」と捉えて疑わなかった。
これが市場経済の原理である。

しかしこれは、やはり、自然に考えて、おかしいのだ。
改めて考えてみるまでもなく。
ということはつまり、我々を支配している市場経済システムというものが、いかに無理をしていびつであるか、ということなのである。

つまりそれに無批判に従属することは、真理からみて、誤りである。
(1993・8・19、22歳)
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

マスゴミ37

政治と金を巡り、例えば選挙違反などが起こると、新聞は、ボロクソにけなす。
“信じられない”と言わんばかりに。

しかし選挙予測などで、「〇〇会は××派」だのと正確な読みをする新聞が、そういう実態を一切知らないということはないのだ。
知っていて、知らないふりをしカマトトぶっているのだ。

どの面下げて“清潔な政治を”などと叫ぶのだろうか。
そんな資格はない。
(1993・8・20、22歳
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

民度

これまで「日本はいまだにきちんとした戦後処理を行っていない」という非難は、政府・自民党に対して向けられた。
つまりそれは全面的に政府・自民党の非であった。

細川首相(当時)が「侵略戦争」発言をしたら、遺族関係者、頑迷固陋な老人どもが反発した。
つまり、これによって明確になったことは、政府・自民党が戦争責任を明らかにしては困る人々がいたのだ、ということである。

まとめて言えば、これまでの様々な無数の政府・自民党の手落ち、怠慢は、国民のおそらく多数の意向を反映していたのである。
一言にして言えば「この国民にしてこの政治あり」だったのである。
(1993・8・23、22歳)
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

財界

これまで私は経団連などの経済団体などの存在意義がよく分からなかったが、新聞に書いてあった通り、「献金が主要な働き」なのであれば、もとより必要ない。

これまで「政・財・官の癒着」といえば、政治家の金権腐敗が徹底的に槍玉にあげられ、官僚の硬直性や天下りなどもある程度批判の対象となってきたが、「財」だけは無風というか、ほとんど取り沙汰されてこなかった。

今回の「企業献金」へのネガティブ・キャンペーンにより、財界の非はより鮮明となった。
国民はもっと平岩外四や永野を悪者視してよい。
(1993・8・23、22歳)
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 権力=体制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。