2016年05月24日

出発点としての虚無と不条理 〜カミュ『異邦人』〜

「健康なひとは誰でも、多少とも、愛する者の死を期待するものだ」(p.70)

「太陽のせい」で殺人を犯したムルソーは死刑となる。
裁判では母親の死を悲しまなかったことが執拗に糾弾され、そのことが死刑判決の要因ともなったが、この結び付けは何なのだろうか。
その不自然さも含めた上での“不条理”ということか。

これまでの私の思想と重なるところがある。

「この世とは、真実に生きようとすれば殺されるのか。生きるとは欺瞞なのか。」
これは「難波大助を語り継ぐために」に書いたことである。
白井浩司の「解説」によると、カミュは英語版の自序でかなりタネ明かしをしてしまっている。
村上龍が『限りなく透明に近いブルー』のタネ明かしを中国版でしてしまっているように。

「母親の葬儀で涙を流さない人間は、すべてこの社会で死刑を宣告されるおそれがある、という意味は、お芝居をしないと、彼が暮す社会では、異邦人として扱われるよりほかはないということである。ムルソーはなぜ演技をしなかったか、それは彼が嘘をつくことを拒否したからだ。嘘をつくという意味は、無いことをいうだけでなく、あること以上のことをいったり、感じること以上のことをいったりすることだ。しかし、生活を混乱させないために、われわれは毎日、嘘をつく」(p.142)

生きるとは、演技をすること=仮面をかぶること。
これはすなわち木村敏『異常の構造』における「偽自己の仮面」論だ。
これは「偽自己の仮面をかぶり損なった者の悲劇 〜井戸誠一『呪われた人々』〜」で書いた。

映画『イージー・ライダー』が描いていたのは、現代では異端者は殺されるということだった。
まさにワイアットもビリーも、難波大助も高崎隆夫もムルソーも、同じ理由で殺されたのだ。

映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で誤解されがちなのだが、ウィルは現実世界が怖くて出ていけなかったのではない。
自分が社会に出ていけばどういうことになるか、彼は判っていた。
会社面接で滔々と述べている。
意味がない、ということが判っていたのだ。
まさに、
「人生が生きるに値しない、ということは、誰でもが知っている」(p.120)。

ムルソーのイメージは虚無である。
だが「ムルソーは人間の屑ではない」(カミュ、p.142)。
裁判では母親の葬儀の際煙草を喫ったことが咎められる。
その時の様子を見てみよう。
「今度は煙草をすいたいと思った。が、ママンの前でそんなことをしていいかどうかわからなかったので、躊躇した。考えてみると、どうでもいいことだった。私は門衛に一本煙草をやり、われわれは煙草をくゆらせた」(p.12)
普通に躊躇して良心を見せている。
検察官や司祭好みの「人間らしい」心情をちゃんと有している。
どっちでもよかったので喫ったに過ぎない。
殺した時も、どっちでもよかったから殺した。

すべてのことは意味がない。
マリイを愛しているのかいないのかも意味がない。

「これまでのあの虚妄な人生の営みの間じゅう、私の未来の底から、まだやって来ない年月を通じて、一つの暗い息吹が私の方へ立ち上ってくる。その暗い息吹がその道すじにおいて、私の生きる日々ほどには現実的とはいえない年月のうちに、私に差し出されるすべてのものを、等しなみにするのだ。他人の死、母の愛――そんなものが何だろう。いわゆる神、ひとびとの選びとる生活、ひとびとの選ぶ宿命――そんなものに何の意味があろう。ただ一つの宿命がこの私自身を選び、そして、君のように、私の兄弟といわれる、無数の特権あるひとびとを、私とともに、選ばなければならないのだから。君はわかっているのか、いったい君はわかっているのか? 誰でもが特権を持っているのだ。特権者しか、いはしないのだ」(p.129)

私が宿命を選ぶのではなく宿命が私を選ぶ。
自己の絶対宣言である。
ここにサルトルは実存主義の共鳴を見たわけだが、カミュはそれを否定した。
やがてふたりは訣別していく。

白井浩司は「解説」で秀逸なことを言っている。
「人間とは無意味な存在であり、すべてが無償である、という命題は、到達点ではなくて出発点であることを知らなければならない」(p.142)

これは坂口安吾『堕落論』にも通じてくる主題だ。

表紙絵のせいでもあるが地中海のまぶしい太陽を全編にわたって感じた。
村上春樹の文体に似ている。
訳はカフカ『変身』の高橋義孝に比べたらだいぶましだが、それでもやっぱり「待ちもうける」「こごむ」は使っている。
以下こんな感じである。

「疲らせた」「引きむしる」「葬式の宰領」「天辺のまろく」「輝かな」「ジェラニューム」「アパルトマン」「露台」「かんかん帽」「腋をくり込ませた背広」「踏段」「初めての猫」「捏粉(ねりこ)」「情婦(れこ)」「アンサンブル」「正体をきわめつける」「懲らし足りない」「女をカードへ載せてしまう」「もし懲らしてやらねばならぬと思うか」「ヴィラ」「御柳(ぎょりゅう)」「いちはつ」「菜っ葉服」「判事を真に受ける」「証憑」「丈夫なのね」「慰んで」「事件を持ち上げる」「皮肉な様子」「フランネル」「不均斉」「ごっただった」「袖をからげながら」「桃色事件」「予謀」「不感無覚」「多少出まかせに」「はてしれぬ」「ありとある」「おそろしい心踊り」「ばかげた喜悦で私の眼をチクチク刺激する、あのはやりたつ血と肉の衝動」「人間の裁きには何でもない」「等しなみ」

単語レベルさえこのような言語感覚なのだから、翻訳文学においては、段落レベルにおいても、飲み込めない文が続くのを流し読みして細部はスルーするといった読み方をしなければならないのは避けられないことなのだろうか。
こういう拙訳が、人を読書から遠ざける一因なのである。
p.113や121などひどいものである。
原文を読めばすっきり分かると言われるのはこうした部分だろう。

タグ:カミュ
posted by nobody at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438204563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック