2011年05月25日

交際費

旅に出れば土産のお菓子を買い、帰ってきておすそ分けする。あるいは人に花束を届ける。

なるほど、これを交際費というのか。

今までの私には必要なかったもので、そのことが、コミュニケーション面における私の世の渡り方のいびつさを表している。

posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

エセ右翼

日本が嫌いなのではなく、「国を守ろう」「日本の伝統と文化を守ろう」「皇室を敬いましょう」と言っている奴らが、胡散臭いのだ。
posted by nobody at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

Google Chrome

なんだかなし崩しに、流れで、OSがInternet ExplorerからGoogle Chromeに変わり、これまでの「お気に入り」もすべて消失してしまったりした。

だがこのブログの字が黒字にならないのだけは、耐えられない。
テンプレートのデザイン変更をしても、まともに作動しない。

ブログ自体の引っ越しも考えたが、旧来の知り合いを失いたくない。
灰色字に、耐えるしかないのか。
posted by nobody at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

悔し涙 ぽろり

中澤ゆうこの『悔し涙 ぽろり』を聴いた。

「あなたと泊まった香港の夜が懐かしいわ」
という一節がある。

全ての曲の中で(私が聴いたことのある女性シンガーの曲の中で)、女性らしさという点で、これ以上の歌声はない。
珠玉である。
posted by nobody at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

釋英勝

釋英勝(しゃく・えいしょう)はグロ漫画として名高い『ハッピーピープル』の作者であるが、彼には先見の明があった。

ネット社会以前の1990年代初頭。

パチンコのギャンブル依存症を描いた作品の最後のコマでは土井たか子の似顔に
「私♡昭和×年にパチンコ協会からパチンコ名誉賞をいただきました♡
今やパチンコはバクチじゃありません 庶民のレジャーですよレジャー♡」
と言わせ、

別の作品では半島の輩が日本人に偽装してじわじわと舟で密入国していき着々と日本人になりすまし(本物の日本人は拉致)、ついに総理大臣の座までのっとってしまう、というストーリーを描いてみせている。

当時はまだ「?」という観があった。
まさに時代を早く進み過ぎていた男だった。
もっと再評価されていい。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

洗脳

今鼻もちならないのは次のような言辞。

「私たちの豊かな消費生活は原発なくして考えられない。」(うすばかげろう「かげろう乃記/悲しみを越えて『まっとうな国』へ」『MOTEMOTEさがvol.10』所収)

mixiなどでも同様の言辞を吐く者が多い。
電力会社の工作員でないとしたら、洗脳されきって思考回路を喪失したデジタル人間の哀れな末路というほかない。
posted by nobody at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

俺は俺を肯定する

自己肯定感がないので、自分に自信がないのである。
posted by nobody at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

初めて

40年近く生きてきて初めて体験した。

何か悪いことをしたから、被害を与えたから、相手から嫌われる。
これが常識。これなら解る。

何もしていないのに、一方的に嫌われる。
この世にそんなことがあったのだ。

おそらく、私の方から相手に媚び諂わなかったから嫌われたのだろう。
posted by nobody at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

吉高由里子の眼

眼が吉高由里子に似ていると言われた。

私は男だけれども。
posted by nobody at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

同じだが違う

これは黒だが白です。
右だが左です。
象ですがミジンコです。
というのと同じ話。

「今度の福島第一原発の事故は、チェルノブイリと同じレベル7です。
だがチェルノブイリとは違います」。

はあ、そうなんですか。
posted by nobody at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。